本文へスキップ

楽しく節約して引っ越し貧乏とはさようなら

楽しく節約して引っ越し貧乏とはさようなら

こうすれば引っ越し費用は抑えられます!


引っ越し貧乏という言葉があるように、引っ越しはただでさえお金がかかります。
引っ越し先の家の敷金礼金はもちろん、実際に引っ越しするために普通は業社に頼むので、そのお金がバカにならないほどかかります。

それでも家族の仕事のために、引っ越さなければならない状況はいくらでもあります。
ではどうしたら引っ越し費用を最低限に抑えて、賢く引っ越しが出来るでしょうか?

今まで我が家も、国内外を問わず何度も引っ越しを経験してきました。
色々な引っ越し業社を下調べし、友だちの口コミも参考にしながら、そして何度も失敗しながら自分なりの節約術を見出してきました。

ズバリ一言で言うと、本当に信頼の出来る引っ越し業社を自分で見つけることです。
でもどうやったら最適な引っ越し業社を見つけられるのでしょうか?
答えは簡単です。
インターネットの引っ越し業社のサイトに行って、一括で複数の業社に見積もり依頼を出せばいいのです。

大手の有名ドコロから小さな個人事業主まで、幅広くカバーしているのがインターネットの良い所です。
ここでポイントは、最初の段階で安い見積を出してきた業社にすぐに飛びつかない、という点です。
金額はいくらでもこれから下げられます。

それよりも大切なのは、その引っ越し業社の信頼度や過去に利用した人の口コミをおすすめ業者の口コミサイトなどで見て下さい。
大型の家具や家電を壊してしまうなどのトラブルが有りますか?もし事故が起きたとしても、快く保証してくれますか?

こうした点をじっくり見極めて、なるべく高得点の口コミを得ている会社を数社選びます。
その後、自宅に査定に来てもらいましょう。

この時もポイントが有ります。営業マンの態度が大切です。
快く価格交渉に応じる態度を持っていますか?
こちらの要望をきちんと聞いてくれますか?ふさわしければ、オプショナルを無料で付けてくれるようなサービスを提供しようとしていますか?

引っ越しには、引っ越し料金の他にオプショナルで付けなければならないものもあります。
例えば、荷物を入れるダンボールは無料で貰えても、食器を包む梱包材はお金をとるとか、そういった隠れたポイントが有ります。
営業マンに上手に交渉して、無料で付けてもらいましょう。

そして肝心の価格交渉ですが、相手も今日中に返事をもらって会社に帰りたいはずです。
ですから即決が鉄則です。

例えば、今日すぐに決めるので価格をもう少し下げてくださいとか、他の業社は明日来る予定でしたが、価格を勉強してくれれば今日御社で即決しますとか、こうした交渉が必要になって来ます。

私が今までに頼んだ引っ越し会社では、こうした方法でかなり価格を抑えることが出来ました。
営業マンと上手にコミュニケーションを図って、お互い納得できる金額をたたき出しましょう。

楽しく無理なく1人で暮らすコツ


1人暮らしって楽しいですよね。
自分だけの空間が持てて、気ままに暮らすことが出来ます。

しかし、1人の生活を始めたばかりの頃は、思っていたより大変だと感じることも多いかもしれません。
誰も食事を用意してくれないし、掃除をしなければ部屋はどんどん汚れていきます。
ゴミの日を一回忘れるだけでも困ってしまうので、実家と違って責任感が大きいですね。
でも、少しずつ慣れていけば大丈夫です。

私が1人暮らしを通して感じた生活のコツみたいなものを少し書いてみたいと思います。
まず新生活のスタート時、面倒くさいと思っても近所の方にしっかりと挨拶をしましょう。

昔と比べると付き合いの少ない世の中になっていますが、やはり隣の部屋に住んでいる人の顔は気になるものです。
すれ違った時に挨拶が出来る程度で良いので接しておくと、ゴミの出し方などのちょっとしたことを聞けたりもします。
万が一何かトラブルが起こった時の対応も変わってくると思うので、是非近所の方とは顔見知りになっておきましょう。
人寂しい時に挨拶を交わすだけで、意外と和むこともありますよ。

次に、避けては通れない家事について。
得意不得意があると思いますが、自分の中で無理のないルールを決めてペースを作ることが大切です。
例えば、ちょこちょこ掃除をするのは性に合わないから2週間に一度まとめて半日ぐらい掃除に充てるとか、一気に色々したくないから今日はキッチン・今日はお風呂と、地道にちょこちょこやるとか。
料理も、得意だったら良いのですが苦手なのに全て作ろうとするとストレスですよね。
仕事の日はさぼるとか、夜は作るけど朝は買ったもので適当に済ませるとか、自分に合った方法を探し出して家事に追われないようにしましょう。

最後にもう一つ、一人暮らしはお金の面でも責任大なので、節約は気になるところですよね。
引越してからしばらくは、色々なスーパーを回ることをオススメしたいです。
お店には特徴があります。
同じようなスーパーでも、普段はそんなに安くないけれど特売品だけはすごくお得になる店とか、惣菜が常に充実している店、肉は高めだけれど野菜はいつも他より安い店、など通ってみると見えてくることがあります。
近所の買い物スポットの特徴をつかんでおくと、生活費の節約につなげられるかもしれません。

光熱費の節約はこまめに明細を見て、高かった月に何が原因だったかを探ってみると良いかもしれません。
コツをつかんで楽しくストレスなく1人暮らしをしたいですね。