本文へスキップ

簡単節約術で引っ越し貧乏とはさようなら

簡単節約術で引っ越し貧乏とはさようなら

引越し前に身辺整理で人材確保

引っ越しといえば沢山の荷物を必死に纏めて運んでいるというイメージがあると思います。
実際には引越し業者に頼んでしまえば荷物の整理さえ行えば運ぶ手間などは少なくすることは出来ます。

今日は出来るだけ引越し業者に頼まずに自分で引っ越しをするコツというのをご紹介いたします。
これは一人暮らしをしている方などにおすすめの方法です。

では引っ越しをすることが決まったとしましょう。
そしたらまずは荷物の整理をしてください。
荷物の整理と言ってもただダンボールに入れるのではなく「必要なものと必要ではないもの」で整理していくのです。
これで整理していき「必要ではないもの」は友人に上げる、もしくは破格の値段で売ってあげるなどをして下さい。

ここでポイントですが、友人に渡す際に引っ越しを手伝ってくれるよう頼みましょう。
物品さえ渡してしまえば、相手も引越し当日にボイコットなどはしづらくなります。
つまりお金ではなく自分のいらないもので引越し業者を頼むのです。

そして次に必要ないけど友人にも渡せない、売れないといったものはリサイクルショップに捨てに行くつもりで売りに行くか、この際本当に捨ててしまいましょう。

引っ越しの際に本当に面倒なことはベッドや机などの大きな荷物ではなくダンボールに詰め込んだ小物を新居に整理することです。
その面倒事をここで出来るだけ減らしておくことをおすすめします。

そして次に荷物を新居に運び終わってからです。
ここではまずベッドや冷蔵庫などの生活に絶対必要なものだけを設置し、引越し当日は止めにしましょう。
これは新居に移ってから必要な物を買い揃える、またはゴミ捨て場などのチェックをするためです。

新居に引っ越した際には使用したダンボールや梱包材などでゴミが多数出てしまいます。
マンションなどではゴミ捨てのルールなどがありますのでダンボールを捨てておけないなどの場合は纏めたダンボールを一纏めに家の何処かにおいておかなければなりません。
それならばゴミを捨てることはあまり焦らずに必要な買い物や隣人への挨拶に時間を利用しましょう。

新居に引っ越した際に忘れがちなのがトイレットペーパーやティッシュ等です。
これらをしっかり確保してからゴミは捨てていい当日に纏めて処分できるようにするのが好ましいです。

最後に荷物を出す前に一度床を見てみて下さい。
賃貸などでは引っ越しで傷をつけてしまったりすると後が怖くなってしまいます。
荷物を入れ終わった後にカーペットを敷きたいなどと思っても二度手間になってしまいます。
荷物を早く解きたいと思う気持ちは十分わかりますが、一度一呼吸を置いてから取り掛かるよう忘れずに。